珈琲

ダイソーのコーヒーミルを手に入れました。

こんにちは、じぇに〜(@neobjennyneobjenny)です。

美味しいコーヒーを飲むには「豆で買ってミルで挽く」というのが一つの条件だったりしますが、ミルもピンキリ。手挽きもあれば電動も。さらにお値段も数千円〜数万円まで幅広く、どれを買ったらよいの?と悩みがち。

そんなあなたに「とりあえず試してみる」にはもってこいのミルをご紹介します。

ダイソーの手挽きコーヒーミル 税別500円。さすがのダイソーもこれを100円では無理だったようで。

以前からネットで話題になっててなかなか店頭に置いてなかったんですが、先日やっと見つけて即ゲット。

500円ですよ、奥様 500円。ワンコインでコーヒーが一層美味しく飲めるなら全然OKじゃないですか。

しかも挽き具合も、粗挽き〜極細挽きまで 5段階に調整できます。

早速開封。

ハンドル部分、カッティング部分、豆の受け容器の3部品から構成されてます。

豆の投入口。ここから豆を入れますが最大で20gほど。

肝心の刃はセラミック製臼型。外刃と内刃で豆をすりつぶすタイプです。熱が発生しにくいので豆を劣化させにくいと言われてますね。

挽き目調整はこの部分、三角形の目印を挽きたいレベルに合わせます。写真でちょうど5段階の真ん中になります。

挽き目を一番粗くするとこんな感じ。内刃が突き出してきて外刃との間に隙間ができるわけです。

最も細かくするとこんな感じ。内刃が面まで引っ込んでます。

ハンドルは収納時は短く、使う時に長くするという仕組み。

早速5段階の中心、中細挽きにしてガリガリしてみました。挽いた豆が落ちてくる受け容器はなんとガラス製です。プラスチックじゃありません。よく500円で作れるなぁ。

容器を外して上から見てみました。挽き目も思ったより均一です。問題ないレベル。

静電気の発生はこの季節ですし、やむを得ないですね。結構こびりつくので、この部分は挽く度に清掃が必要ですな。

早速コーヒーを淹れて飲んでみましたが、まったく問題ありません。美味しく淹れられました。

とは言え良いことばかりでもなく。

挽き終わるのに結構時間が。二人分20g挽くのに3分以上かかりました。その間、ひたすらハンドルをぐるぐる回すのですが、これは結構しんどいです。腕が痛くなる。

ハンドルが短いのでトルクが出ないってのもあるんでしょうが、二人分20gが限界です。それ以上は疲れてやる気になりません(爆)

この不具合を解消する改造工事の動画がYouTubeにいくつか上がってるぐらいです。

ということで結論ですが

とりあえずミルを使ってみたいならこれで十分
一度に挽くならせいぜい二人分まで。腕が疲れてそれ以上は辛い

ミルを試してみるお値段としては500円は秀逸ですし、性能も十分ですが、大量の豆を挽くには気合いと根性を準備する必要があります。

ハンドルが短くなって持ち運びに邪魔にならないので、ソロキャンプで美味しいコーヒーを飲みたいという用途にはピッタリでしょうね。一人分を挽く…にはこれで十分ですが、家族4人分を…ということでしたら、まごうことなく電動ミルを準備されることをオススメしておきます。

ということで、ダイソー製コーヒーミルのご紹介でした。

今日のあとがき

じぇにー
じぇにー
これが欲しいけど品薄な上に高杉。サンタさんお待ちしてます。

内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎Practitioner修了、短大非常勤講師。