珈琲関係

HARIO復刻版シリーズ「珈琲狂時代」〜 一人分にピッタリのコーヒードリッパー

こんにちは、珈琲を一日に3杯は飲む じぇに〜(@neobjennyneobjenny)です。

どちらかと言うと飲むより淹れる方が楽しいので、新しい道具が発売されるとついつい買ってしまって、キッチン棚から溢れそうになってるのは判っているのですが…

また買ってしまいました、新しいコーヒードリッパー。

その名もHARIOの「珈琲狂時代」良いネーミングですな。

公式サイト 税込価格2,750円。自分はAmazonで買いました。

実は新商品ではなく、1980年に発売されたモノの復刻版。

HARIO社の創業100周年を記念した復刻版シリーズの限定商品です。

1980年と言えば40年前。自分まだ学生でしたね。珈琲は好きだったから飲んではいたけれど、自分でドリップして淹れるなんてことは思ってもいなかった頃ですな。当時はインターネットも無かったし、情報収集だって簡単では無かったですし。

ま、それはともかく、開封。

針金製のドリッパー、ケメックス風のガラスサーバー、ペーパーフィルター、計量スプーンに取扱説明書、と後は豆とお湯さえ用意すれば直ぐに飲める状態。

抽出容量は1〜2人分用。コンパクトで可愛い。

ガラスサーバーには持つときに火傷しないようシリコンラバーが付いてます。これは自由に取り外しできるので洗うときも大丈夫。

ドリッパーは今では珍しい針金フレーム構造。注湯したときにペーパーフィルターが自由に膨らむので抽出の邪魔をしないという設計かな、と。

早速淹れてみます。豆16gで出来上がり220mlぐらいを狙ってみました。

30秒蒸らして

ゆっくり注湯。

注湯回数2回で仕上げ。比較的スムーズに落ちるイメージ。

黒いホルダーの下あたりで二人分 約240mlと書かれてあったので、今回はこの辺でドリッパーを外しました。

完成。

当たり前に美味い(爆)

一人分をマッタリと淹れるのにちょうど良い器具だと思います。

珈琲は飲むだけじゃ無く、淹れてる時間も楽しめるってのが良いですね。

気になった方は限定商品ですのでお早めに〜

ってなことで。

今日のあとがき

じぇにー
じぇにー
さすがにそろそろキッチン棚がヤヴァくなってきたのに、実はまた新商品が…ががが…

内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎Practitioner修了、短大非常勤講師。