今日のやる気も完売!
やる気が尽きるほど充実した毎日を送りたい。
珈琲

BLUE BOTTLE COFFEEのドリッパー 買って正解でした!

こんにちは、じぇに〜です。
昨日の記事に書いたブルーボトルコーヒーのドリッパーで早速コーヒーを淹れてみましたのでそのご報告。

まず、同梱されていたレシピの淹れ方がオリジナルなのにビックリ。出来上がり量およそ310mlに対する豆の量が、ブレンドなら約30g、シングルオリジンなら約25g と豆の種類で異なる。(※シングルオリジンというのは、ブレンドじゃなく同一生産地の単一種類の豆のことです)

出来上がり100mlで10gとか、150mlで12gとか、そういうレシピがほとんどですが、豆の性質によって量を変えるレシピというのは初めて見ました。まぁ味は好みなので、豆の量もご自由に…なんですが、まずはレシピに沿ってやってみました。

▼今回の豆はQ.O.L.COFFEEさんのブラジル(シングルオリジン)を使いましたので、25g使用。

 

▼まず1湯目は中心から外側に向かってらせんを描くように60gまで注ぎます。注ぎ終わったら約30秒蒸らします。

 

▼2湯目はトータル湯量が150gになるように90gのお湯を注ぎます。この時表面にあるコーヒーの粉を沈めるようにするのがポイント。

 

▼2湯目のお湯がフィルターの底面あたりまで下がってきたら3湯目を注湯。3湯目はトータル湯量が250gになるよう、100g注ぎます。

 

▼最後、3湯目のお湯がフィルターの底面あたりまで下がってきたら、4湯目です。トータル湯量が350gになるよう、100gを注ぎます。ドリッパーのお湯が落ちきったら完成。抽出完了までの目安時間は2分30秒〜3分。

もうひとつオリジナルだと思ったのはココです、「ドリッパーの湯を落としきる」というところ。お湯を最後まで落としきると雑味が出るので、必要量だけ抽出したらドリッパーを外しましょう、というのが一般的なので、大丈夫なのかな? とちょっと心配になりましたが、まずはレシピ通りに。

 

▼ちょっともたついてしまいました。初めて使うし撮影もしてるので仕方無い。

時間と重量を管理するのでタイマーとハカリは必須。ま、コーヒーを淹れるときにはブルーボトルに限らず…ですけどね。便利なのはHARIOのV60ドリップスケール。

私はプラスチック製を使っていますが、トレーが金属の仕様もあります。熱いモノを置いても安心ってことですね、掃除もしやすいし。

出来ました。

 

ま、美味い!のは当たり前ですが、豆の持ち味がしっかり出てるのと、飲んだ後の後味がスッキリ。家族曰く、「口に含んだとき、喉を通ったとき、お腹に落ちた後 の味がどれも一緒」だそうです。上手いこと言うね。ブラックでもスッキリ飲めました。

これは是非店舗でも飲んでみたいところです。名古屋にも出店してくれないかしら。しばらく我が家のメインドリッパーとして鎮座しそうです。豆の量とか色々変えて試してみよう (・∀・)

ってなことで。

内容が良かったら下のボタンで記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
アバター
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好きな早期隠居したアラ還オヤジ。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナーでもあります。