情報機器
PR

Apple Watchのススメ 〜 4つの推しポイント!

じぇに〜(村田たけし)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

こんにちは、じぇに〜(@neobjennyneobjenny)です。

先月AppleWatchの記事を書きました。

そろそろApple Watchはいかが? 〜 マスクしててもFaceIDを解除できるようになるそうです!こんにちは、Apple大好き じぇに〜(@neobjenny,neobjenny)です。 唐突ですが、皆さんAppleWatchは使っ...

FaceIDとマスクの相性の悪さにはみなさん辟易してると思います。

そろそろiOSとWatchOSのアプデが届きそうで、そうなればマスクをしていてもAppleWatchを装着していればiPhoneのロックを外すことが出来るようになります。早くアプデが配信されて欲しいものです。

そんな記事を書いたら「AppleWatchの何が推しなの?」という問合せをいくつかいただいたので、今日は自分の思うAppleWatchの推しポイントについて書いてみます。

基本的にAppleWatchiPhoneに接続して使いますので、iPhoneを使っていることが大前提です。そもそもiPhoneが無いと初期設定(アクティベート)できません。アクティベートした後ならAndroidでも使えなくはありませんが、かなり機能限定的になります。
スポンサーリンク

何と言ってもモバイルSuicaは便利

まずはこれです。

iPhoneからモバイルSuicaを発行して、それをWatchに転送することでAppleWatchでSuicaを使うことが出来ます。

同じ番号の1枚のSuicaをiPhoneとWatchで共有することは出来ません。iPhoneで複数枚発行することが出来るので、iPhoneとWatchで別々のSuicaを使うことはできます。

本ブログで一番検索流入の多い記事ですが、自分は iPhone SuicaとWatch Suicaの2枚を発行して使い分けをしています。

Photo by Jonas Leupe on Unsplash
モバイルSuicaの2枚使いが便利だった件。こんにちは、買い物のキャッシュレス化推進中のじぇに〜です。 人前で財布を出す危険性は無くなるし、小銭で財布が膨れ上がることも無いし、使...

モバイルsuicaの良いところは、WalletアプリでSuicaをエクスプレスカードに指定しておけば、いちいちWatchを立ち上げたりしなくても腕につけたままかざすだけで使えるとこと。

はやりのバーコード決裁はアプリを立ち上げて画面に表示されたバーコードをスキャンしてもらわないといけないので、iPhoneのロックを解除 → アプリを立ち上げる という手間がかかる上に、電波が届いてないと使えません。

その点、Suicaのタッチ決済は電波に関係無く使える上、iPhoneを持っていなくてもOK。Watchだけ手に巻いてお出かけしても大丈夫なんです。(充電だけはちょっと気を付けておく必要がありますが)

店頭で使うキャッシュレス払いのなかでは、ダントツに手軽でスピーディです。使える場所も増えてきましたしね。

とは言え、最近はバーコード払いのキャンペーンがものすごいので(PayPayの20%ポイントバックとか普通)、欲深い自分はそちらを使うことが多くSuicaはもっぱら電車用になってます(苦笑)。

ただ、モバイルSuicaを使うことの出来るスマートウオッチはAppleWatchだけではありませんもっと安い方法で使うこともできるので、これだけではオシきれないかも

通知を見逃さないので即返できる

次はコチラ。メール、Facebookメッセ、LINEなどなど、各種お知らせが届くと教えてくれます。

そんなのかえってうっとうしいよ、という方はオフにしておけば良いだけの話で、知ろうと思った通知を見逃さないというのは便利です。

自分は、返事しなければならないメッセージを溜め込んでおくのがイヤなタイプなので、iPhoneを手元に置いておかなくてもWatchでサッと確認できるのは楽です。

簡単な返信ならそのままWatchからも出来るので、とりあえず「了解」とか「OK」とかの返事だけ送っておいて、後からゆっくりiPhoneで返信するということもよくあります。

もちろん、かかってきた電話に出ることもできます。ただこれはカッコ良くないので人前では使いませんけどねw

「必要な通知を見逃さない」というのはありがたいです。

ヘルスケアにお役立ち

もともとAppleがWatchに一番持たせたかった機能はこれだったんじゃないかと思います。

睡眠トラッカーに心拍測定、歩数計、直近のアプデでは心電図も測定できるようになりました。

 

幸い、今のところ心臓疾患系は持って無いので心電図を頻繁に測定することはありませんが、アクティビティというアプリで、毎日の消費カロリーや歩数管理をしたり、睡眠時はAutoSleepというアプリで、睡眠時間や状況をチェックしています。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

Tantsissa¥490posted withアプリーチ

こういう健康管理についても、Watchが無かったらきっと気にすることも無かったでしょう。ずっと座ったままだと「そろそろ立ち上がって下さい」と叱られることもあります(笑)

アプリ次第で何でもできる

何でも出来るは大袈裟ですが、アプリ次第で色々なことが出来るようになります。ってかコレを言っちゃったら何でも推しになってしまいますね(苦笑)

自分の場合は、

  1. 今日の予定のチェック
  2. 今日の天気確認(Siriを呼び出して確認することもできます)
  3. Mapアプリを使って道案内。
  4. ミュージックプレーヤーとしてiPhoneをリモートコントロール。
  5. タイマーやアラームとして。
  6. 電車の乗り換え案内表示。

 

その他、Appleのプレゼン用アプリ「Keynote」でスライド送り用リモコンとしてWatchを使ったときは感動されました(笑)

さらに、交換用ベルトが豊富なので、季節やTPOで好きなベルトに交換出来るのも楽しみの一つです。純正はそれなりにお値段しますが、純正じゃなくても良ければ、安価なものをAmazonでふんだんに選べます。

ということで、私の推しポイントをいくつか書いてみました。気になった方はこの機に是非!

今日のあとがき
じぇにー
じぇにー
唯一気に入らないのは形状が四角だというところ。時計は丸い方がカッコイイと思うんだよね〜
内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
スポンサーリンク
ABOUT ME
じぇに〜
じぇに〜
Points of You®︎ Practitioner 修了
ギター、ITガジェット、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。まもなく前期高齢者に突入しますが、先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツール Points of You®︎ Practitioner修了。
記事URLをコピーしました