珈琲

浸漬式コーヒードリッパーで珈琲をお手軽に(使用編)

こんにちは、じぇに〜です。

前回からの続き。早速HARIOの浸漬式ドリッパーで珈琲を淹れてみました。

浸漬式コーヒードリッパーで珈琲をお手軽に(購入編) ...

▼まず珈琲豆を中挽きで20g。

▼ドリップスタンドに載せて、サーバーもセット。

▼レバーが上がっていることを確認。ココ大事!

▼お湯は冷えることを想定して、95°Cで沸かしたものを約240ml入れます。

ちなみに温度を指定してお湯を作るにはT-falのこちらの電気ポットが便利です。

お湯を入れたら約2分放置。この時お湯を攪拌するとコクが出るらしいです。前回の記事で紹介した、Cleverの方は約4分放置となってます。この差が、味の違いにどう出るのか?またいつか検証してみたいところ。

▼2分経過したらスイッチを下げます。

▼下げると同時に、結構な勢いで一気に珈琲が落ちます。

▼出来ました。

240ml投入して、完成量は約200ml。二人分にしては少々少なめ、大きめのマグカップで一人分というところでしょうか。

▼いただきます。

豆の種類にもよりますが、今回はあっさりスッキリした飲み味。後始末も簡単ですし、さっと手軽に淹れるには良いですね。条件がブレないので、豆の違いを楽しむのに良いかと思います。

Have a happy coffee time!(・∀・)

ってなことで。

内容が良かったら下のボタンで記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナー、短大非常勤講師。