今日のやる気も完売!
やる気が尽きるほど充実した毎日を送りたい。
情報機器

Apple SDカードカメラリーダーの写真取り込みが爆速で快適!

こんにちは、出かけるときはカメラを離さないじぇに〜です。

撮った写真はMacの写真アプリに保管するのと同時に、バックアップのためAmazonPhotoとGoogleフォトへアップしています。なので、まずはiPhoneに読み込ませたいのですが、最近のカメラにはWi-Fi転送機能が付いているものの、転送までの操作が手間だったり、スピードがやたら遅かったり、転送が途中で止まってしまったり、まだまだ使い勝手が良くないケースが多い。

そこで思い出したのが、iPhoneに接続できるSDカードリーダー。

買った時はiPad専用だった覚えがありますが、ほとんど使わずに引き出しの奥にしまいこんでました。使うに当たってちょっと調べたら、iOS12になって読み込みが爆速になったという話。しかもRAWデータでも爆速とか(自分はRAW現像しないけど)これは使わない手はありませんな。

▼Dockコネクタ時代のモノなので変換ケーブルを介してiPhoneに接続します。▼こんな感じ。▼リーダーにSDカードを入れると写真アプリが立ち上がります。

▼読み込みたいデータにチェックを入れて

「読み込む」をタッチ。確かに爆速。この時は27枚のJPG写真を10秒かからずに読み込んだと思います。

さらに読み込み終わった後はSDカード内のデータを削除することも出来ます。が、SDカードはできるだけカメラ内で読み書きした方が安全(だと思ってる)なので、自分はここで削除することはしません。

一旦iPhoneに取り込んでしまえば、Macの写真アプリにはフォトストリーム経由で自動的に取り込まれますし、AmazonやGoogleにはiPhoneのアプリからアップロードできるので楽々。iPhoneからならSNSへの投稿も簡単ですしね。

アダプター自身は大きなモノではないので、カメラと一緒に持ち歩けば万一SDカードが一杯になったときに、iPhoneを一時的なデータ保存場所として使うこともできます。

個人的にはカメラのWi-Fi機能(またはアプリ)の性能向上を期待したいところですが、ま、これはこれで当面便利に使っていこうかなと。

ってなことで。

内容が良かったら下のボタンで記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
アバター
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好きな早期隠居したアラ還オヤジ。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナーでもあります。