カメラ・写真

iPhone11Pro用 5 in 1 Multi-Lens Case 使用感 〜 面白いけど重量とサイズに難ありでした。

こんにちは、じぇに〜(@neobjennyneobjenny)です。

先日購入した、タピオカレンズ集合体 iPhone11Pro用 5 in 1 Multi-Lens Caseで手近なモノを撮ってみました。

ケースにどんなレンズが付属しているのかは先日の記事を読んでいただくとして

iPhone11Pro用 5 in 1 Multi-Lens Case 到着 〜 タピオカ度が上がりましたこんにちは、じぇに〜(@neobjenny,neobjenny)です。 iPhone用の外付けレンズ等を販売している、SHIFTCAM...

まずはマクロレンズから使ってみました。

▼標準の広角レンズで撮影

▼同じ広角レンズを使った10倍マクロ。結構寄らないとピントが合いません。

▼同じく広角レンズを使った20倍マクロ。これはもうギリギリまで寄る感じ。

▼次は広角レンズを使った180度魚眼レンズ。これは楽しい。

▼標準の望遠レンズで撮影(2倍望遠です)

▼4倍望遠。少々色味が変わってしまうのは残念。

他にも色々撮ってみましたが、面白いのは魚眼、役に立ちそうなのは4倍望遠。

10倍と20倍のマクロは拡大出来過ぎて、普段使う機会が無さそう。

正直、ただでさえiPhone11Proは重いのに、ガッチリした作りのケースの重量も加わって自分の手には余る感じの割にレンズが使われる頻度は少なそう…と、せっかく入手したけど出番はあまり無いなという結論になりました。

もう一つのCPLフィルターについては出番がよくわからない。反射を抑えてくれるらしいんだけど、自分の技量では上手に使えそうにないし(爆)

ということで早々にお蔵入りしそうです、残念。

もう少し軽くて、魚眼と4倍望遠だけなら良かったかもね。

ってなことで。

今日のあとがき

じぇにー
じぇにー
まぁ使ってみないとわからないこともあるし。投資には付きものです。

内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナー、短大非常勤講師。