情報機器

旅行にAppleWatchのモバイルsuicaが超便利だった件

先日、大阪と神戸へ一泊二日で出かけてきたのですが、AppleWatchのモバイルsuicaが超絶便利だったのでそのお話を。

モバイルsuicaとは、iPhoneやおサイフケータイにインストールできるsuicaのこと。iPhoneにインストールしたsuicaはAppeWatchに移動させてAppleWatchで使うことができます。(排他的にiPhoneでは使えなくなりますが)

これで腕時計一発で、新幹線含めてほとんどの電車・バスに乗れます。(※新幹線で使うにはあらかじめスマートEXの手続きをしておく必要があります)

神戸の巡回バスシティループもこれでOKでしたし、駅ナカの飲食店、自販機や通常のコンビニなどなど、ほとんどの買い物で使用可能。

何が便利だったって、財布出さなくていいってのは、

会計処理が速い。

後ろに行列が出来ても心痛めることが少ないし、お釣り間違える心配も無いからレジ担当者も有り難いに違いないと思うんですよね。

支払動作も速い

もちろんスマホでも電子決済は出来ますが、その場合は「ポケットや鞄から、スマホを取り出す」という行為が必要。両手が塞がってたら結構大変ですよね。腕時計なら常時身につけてるから「ササッ」と処理が出来る。これが予想以上に気楽でした。

支払った記録がネットで判る。

家計簿を付けているので、支出の記録は大切なんです。ネットから使用記録が判るからレシート紛失しても大丈夫。自分は一応必ず受け取りますけどね(笑)。

 

実は正直、今のiPhoneにあまり魅力を感じなくなってます。OSのサポート範囲が広いから以前の機種でも普通に使えるのは有り難いんだけど、とにかくバッテリーが持たない。HUAWEIのMate10Proというスマホも併用してるのですが、こっちは1.5〜2日は余裕で使えます。しかもカメラはライカ監修だからモノクロ写真なんかビックリするぐらいの画が撮れるし、iPhoneカメラのあの節操ない「グワシャ!」というシャッター音と違って、「チッ」ってぐらいの静かで上品な音。

なので出来れば移行したいぐらいなんですが、AppleWatchが何かと便利。発売されたときは自分は腕時計を使わない人だったので見送ってたんですが、ApplePay対応となったSeries2を買ってからは手放せなくなりました。手首を差し出すだけで会計が終わる便利さに慣れたらもう外せなくなりました。このためだけに使ってるようなモノです。

唯一使いにくいのは、

「改札のタッチが右手側」だということ。左手に付けてるので通過時にカラダをひねらないといけないため一瞬動きを止めざるを得ない。右手にはめてればいいんですが、電車に乗るときだけ右手ってのも慣れないし。両側にタッチ面付けて欲しいところ。

あとコンビニによってはタッチ面が平坦じゃ無く突起が付いてる読み取り機があって、タッチしづらい時があります。手首をグイグイひねってエイヤってタッチするのでカッコ悪い(笑)

とはいえ至極便利なことに変わりは無く、両手をフリーに出来るAppleWatchのモバイルsuicaで旅行中も快適に過ごせました、というお話でした。

ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナー、短大非常勤講師。