情報機器

iPhone11Pro用 5 in 1 Multi-Lens Case 到着 〜 タピオカ度が上がりました

こんにちは、じぇに〜(@neobjennyneobjenny)です。

iPhone用の外付けレンズ等を販売している、SHIFTCAM社の「5 in 1 Multi-Lens Case」が届いたので、開封レポします。

同社は、iPhoneに取り付けられる超広角レンズや望遠レンズ、魚眼レンズなどを製作販売していることで有名な会社。

日本語WEBサイトはこちら。

さて、今回購入したのは、iPhone11Pro専用の「5 in 1 Multi-Lens Case」という、あらかじめ外付けレンズが5つ取り付けられているスマホケースです。

日本語ページでは「5-in-1 トラベルセット」という名前になってますね。

実はこのケース、昨年の11月にクラウンドファンディングで募集のかかったアイテム。その時点で申し込みも支払もしてたのに、さっぱり届かない。

今年の2月には国内販売が始まってて、なんじゃいそりゃ(怒)という状況に。

4月に一旦発送されたんだけど、香港で行方不明になったり(苦笑)まぁ海外物にはありがちな話ですが、USAのカスタマーサービスと気長にやりとりして、なんとか半年以上経って手元に届いたという話です。

▼5つの外付けレンズはこんな感じ。(正確にはフィルターが1個、レンズが4個)

  1. 超広角レンズ用のCPLフィルター
  2. 広角レンズ用の10倍マクロレンズ
  3. 望遠レンズ用の20倍マクロレンズ
  4. 広角レンズ用の180度魚眼レンズ
  5. 望遠レンズ用の4倍望遠レンズ

 

の5種類があらかじめケースに取り付けられており、左右にスライドさせて使うというモノです。

▼というわけで早速開封。

▼中身です。レンズケースと同社の外付けレンズを取り付けるためのアダプター(アウトカメラ用とインカメラ用 各1個づつ)が同梱されてました。

▼外付けレンズはこんな感じで使うんですね。

▼さてケース単体はこんな感じ。iPhoneを取り付ける側です。

▼ひっくり返して裏側。

▼寄ってみます。タピオカ満載ですねw

▼ケースは周囲が柔らかい材質で出来ているので、グイグイっと拡げながらiPhoneをはめ込んで取り付け。

▼レンズ側。あぁもうタピオカだらけ…

▼寄ります。

▼レンズ部分は左右にスライドする仕組みですが、ストッパーが付いているのでレンズの位置合わせがズレることはありません。カチッと止まります。

▼横からの絵。結構厚みがあるのは仕方ありませんね。使わないときのレンズは蓋で覆われているので傷が付いたりする心配も無し。

▼使わないときは取り外しておくこともできます。

さてさて、雨続きで出かけられなかったので、インドアで少し撮影してみました。

▼標準の広角レンズ

▼10倍マクロ

▼20倍マクロ

やっと梅雨も明けたっぽいので、これから色々撮影してみたいと思います。

その辺りは次回の記事で。

今日のあとがき

じぇにー
じぇにー
納期はかかったけど、金額は国内価格の半分ちょいで済みました (^^)

内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナー、短大非常勤講師。