今日のやる気も完売!
やる気が尽きるほど充実した毎日を送りたい。
カメラ・写真

XF10とGR3をフードフォトで比べてみた 〜 美味しく見えたのはどっち?

こんにちは、じぇに〜(neobjenny)です。

今週からお仕事がちょっと忙しく、出歩ける時間が少なくなりそうな上、梅雨のはずなのにこの暑さ。写ん歩に行けないフラストレーションが溜まりそうです。

仕方が無いのでインドアで我慢。

よくライバル視される、FUJIのXF10とRICOHのGR3で、室内の食べ物写真比較をしてみました。

XF10とGR3をフードフォトで比べてみた 〜 美味しく見えたのはどっち?

 

コンパクトデジカメのジャンルでよく比較されるFUJIのXF10とRICOHのGR3。偶然にも両方持っているので(笑)ちょっと比較してみようと思い立った次第。

とはいえ、大きさとかレンズのスペックが似ているから比較されるだけで、XF10とGR3では価格が倍違いますからね。価格的に比較するならFUJIならX100Fですが、大きさが全然違うし…

さて、撮影環境は左側から陽の差すテーブル上で、蛍光灯の下。焦点距離はどちらも35mm換算で28mmです。

まずは、絞り優先モード、ホワイトバランスとISOはAutoです。絞りfが同じぐらいになるようにしてみました。

▼XF10(ISO2000、0ev、f6.4、ss1/28 )

▼GR3(ISO1250、0.7ev、f6.3、ss1/15)

背面液晶で視たときに明らかに暗そうだったので、露出を2/3上げてます。

 

続いてスイーツを。今度はモードをプログラムPにしてみました。

▼XF10(ISO500、0ev、f2.8、ss1/28)

▼GR3(ISO2500、1ev、f2.8、ss1/125)

こちらも明らかに暗そうだったので、露出を上げました。

 

ほんの2点ばかりですし、細かいパラメータが違っているので完璧な比較にはなってませんが、自分なりに思ったのは

フード写真においては、XF10の方が見た目良く写る…気がする

です。(主張が弱いww)

GR3は、平均より暗めに写る気がします。なので光量の少ない室内では露出を上げ気味にしないと映えない。逆にその性質が、屋外のモノクロ写真では生きてくるのでしょう。(GR3をモノクロで撮られてる方は多いですし、GR3のモノクロは美しいと思う。)

現物見た目の色合いは、GR3の方が近いと感じました。XF10の方が少し作った感じ。でもキレイですけどね、さすがFUJIFILMの色の出し方だと思います。

結論 どっちも良いカメラです (爆)

今日のあとがき
じぇにー
じぇにー
とは言え、二台持ちはもったいないからなぁ…悩みどころです。
内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
アバター
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好きな早期隠居したアラ還オヤジ。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナーでもあります。