音楽一般
PR

JBLのサウンドバーを導入したらQ.O.Lが爆発的に上がった話をします。

じぇに〜(村田たけし)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

こんにちは、知恵の無い隠居 じぇに〜(@neobjennyneobjenny)です。

言うならば隠居生活、自宅警備の多い毎日に動画サブスクは欠かせないモノとなりました。

現在契約しているのは、Hulu、Netflix、Amazon Prime Video(Prime会員なので)、Disney+、WOWOW に加えて家族の子アカウントをもらってある U-Next と全部で6つ。

そんなに契約してて全部観られるの? とよく言われますが、サービス毎に観たい番組があるので仕方ないんですよね。MARVEL系だったらDisney+だし、海外ドラマ系ならHulu、オリジナル作品が秀逸なNetflix、映画に強いAmazon Prime、最新の海外ドラマならWOWOW…ってな感じ。要するに使い分けしてるということです。

さて、例の件で自宅待機時間が増え、動画サブスクにお世話になることも増えてくるにつれて気になることが出てきました。

薄型TVは音がイマイチです。

構造上、スピーカーが脆弱なのは仕方ないですが、特に低音が物足りなく感じるんですよね。そこで思い切って外付けのスピーカーを付けることにしました。流行のTVスピーカー、TVの手前に置いたり壁がけしたりして使う「サウンドバー」というヤツです。

大きさとか接続するための仕組みとかコストとか色々調べて、こちらを購入しました。

JBLの「Bar 5.0 Multibeam」。

公式ショップでは税込44,000円、Amazonでは当時在庫が無く、ヨドバシカメラで33,000円ほどだったのでそっちでポチりました。ポイント10%が付いたので実質3万円ほどで購入できたことになります。今ならAmazonで30,800円で買えますね。

このサウンドバー、調べたら結構種類があって、値段も1万円以下のものから10万円以上するものまでピンキリ状態。YouTubeにも紹介動画が沢山あって、選択には悩んだんですが、この製品にした大きな理由は次の4つ。

  1. バーチャル Dolby Atmos搭載
  2. HDMI INとOUT端子があり4Kパススルーに対応
  3. 部屋の状況に合わせたキャリブレーションが出来る
  4. AirPlay2対応でiPhoneからWi-Fiで音楽を流せる

 

その他、幅が709mmとTV台にちょうど納まることと予算5万円以下というのも条件内でした。

オンラインで注文して二日後に到着しました。早速開梱。

リモコン、HDMIケーブル、壁掛け用金具、取説が同梱。電源がアダプター形式じゃなく内蔵なのでACコード一本でコンセントに繋げるのはありがたい。

基本リモコンから操作できますが、上面に操作スイッチがあります。左から電源スイッチ、音量のプラスマイナス、入力ソース選択スイッチ。中央の穴はキャリブレーション時に使うマイク穴です。

背面には接続コネクタ類。

左側から電源ケーブル用、イーサネットケーブル用、光デジタルケーブル端子、USB端子(ファームウェアアップデート用)、HDMIのINとOUT(eARC対応)です。

我が家のTVは古く HDMIがARC対応してないため、TVからの音声は光デジタルケーブル出力で、サブスクを観るときは、HDMI INに接続した「Amazon Fire TV Stick 4K Max」からHDMI OUTで という使い分けになります。

実は、両者をスムーズに切り替えて使うにはちょっと小細工が必要でした。(※小細工については後日記事にする予定)その都度手間がかかりますがこれは仕方ない。いずれTVを買い替える予定なので、それまではこの接続方法で使っていきます。

ちなみにFire TV Stick は先日のアマプラセールでなんと70%引きの2,324円とビックリする価格になってたので、サウンドバーに合わせてポチった次第。今まで使ってたAppleTVはお役御免になってしまいました(涙)

さて、TVの前に設置して必要なケーブルを接続して電源ON。(※設置状況を撮影したらTV周りの不要なブツがやたら映り込んでしまったので自主規制しました 悪しからず)

最新のファームウェアを見つけたようでまずは自動アップデートが走ったあと、キャリブレーション作業を終えて、早速TVを付けて音を出したら

うぉっ!!

今までと全然違う。低音の「ドドン」ってのが「ドッドッドン!!」ってな感じに。わかりにくいですね、すみません。

Netflixをご覧になってる方はわかると思いますが、ログインしたときにドドンって鳴るんですけど、これが別モノのドドン!になりました。まさに腹に響く低音。

Dolby Atmosも正式な5.1chではないので(後方にスピーカーが無いし)音がグルングルン回る…という感じは無いですが、それでも何となく高さ方向の音が増えたような感じはするので、映画観てても迫力感が圧倒的に増えました。

これはQ.O.L(Quality of Life)上がりますわ。より一層TVが観たくなるww

音質の調整が低域しかできなかったり、リモコンを簡略化しすぎてて細かい調整をするときの操作が複雑で覚えられなかったり、といった残念な点もありますが、総合評価は明らかに「買って良かった」です。

ただでさえ老化による聴力低下が始まっているので、TVの音が聞きやすくなっただけでもありがたい。そういう理由で購入するのもアリだと思います。TVの音をランクアップさせたい!のでしたら是非購入を検討されるのをオススメします。間違いなく出音の質は向上します。

個人的には同価格帯のBOSEのサウンドバーと迷いましたが、サラウンドがあるという理由でJBLにしました。BOSEの音も捨てがたいんですけどね。

Netflixは一番上のプランを契約すると作品によってはDolby Atmos対応で配信されるので、こっちもアップグレードして「ストレンジャーシングス」再視聴してます (^^)

ってなことで。

今日のあとがき
じぇにー
じぇにー
YouTubeにいくつか紹介動画がありますので、参考になれば。

内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
スポンサーリンク
ABOUT ME
じぇに〜
じぇに〜
Points of You®︎ Practitioner 修了
ギター、ITガジェット、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。まもなく前期高齢者に突入しますが、先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツール Points of You®︎ Practitioner修了。
記事URLをコピーしました