グルメ情報

読書珈琲リチル[名古屋市千種区]〜 おしゃべり禁止の読書カフェ

こんにちは、じぇに〜(@neobjennyneobjenny)です。

おしゃべり禁止の読書カフェ「リチル」さんへ行ってきたのでご紹介。

お店の公式サイトはこちら。

関連ランキング:カフェ | 今池駅池下駅千種駅

地下鉄今池駅3番出口から徒歩3分。マンションの階段を上がった2Fにひっそりとあります。車の場合は近隣コインパーキングがふんだんにありますので、そちらをご利用下さい。(専用駐車場はありません)

初回レポート 2020年11月

その存在は以前から知っていたのですが、なかなか機会がなくて行けなかったところ、友人から一緒に行きませんか?とお誘いを受けて初訪問。

リチルさんは読書カフェ。その名の通り、読書するための場所なので、お店にはいくつかのルールがあります。

詳しくは公式サイトをご覧いただきたいのですが、

  1. 原則、おしゃべりは禁止(どうしても必要な場合は小声で)
  2. 自分の手元を除いて、店内撮影は禁止。
  3. 料金は飲み物一杯分の代金を含んて、60分600円(税込)からの時間制。

 

というもの。

会話できません。おしゃべり禁止です。

なぜ誘った?? 俺と話するのはイヤってことか?

という疑問は湧きましたが、興味あったので行くことに。

入口。

シーキビなルール徹底。

店内は2人テーブルが3つほどとカウンター席が3つ。ただ予想よりは明るい店内でした。もっと鬱蒼としてるかと思ってました。

土曜の15時頃行きましたが、我々二人入店して満席。後からもお客様いらっしゃいましたが、あいにく満席で…とお断りされてました。

コーヒーとチーズケーキを注文。コーヒーは一杯ずつネルドリップで淹れるということで、少々時間かかりましたが、飲み物がテーブルに運ばれてからの時間カウントということでした。

ストレートのイルガチェを注文。

飲みやすく美味しいコーヒーでした。

そしてチーズケーキ。こちらも上品で美味し。

店内にも本はそこそこ置いてありましたが、特別珍しい本とかでは無さそう。自分はKindleを持って行ったので、それを読みながらしばしコーヒーを楽しみつつ… つつ…

息苦しい。(;´Д`)

とにかく誰も喋らずにひたすら読書に励んでいるので、マスターがコーヒーを淹れたり洗い物をしたりする音以外は

無音。

自分がコーヒーを飲むときの音すらはばかられそうな雰囲気(※個人の感想です)

凜とした図書館で咳払いすると睨まれる感覚。

空気が重い。(※個人の感想です)

30分で出ました(爆)

そういう雰囲気で集中できる人には素晴らしい環境ですが、自分はいくらか街の雑音がないとかえって不安になるタイプ。読書するならスタバのざわざわ感の中の方が進むんですよね、BGMが有った方が心地良いし。

一方、とにかく静寂を好まれる方にはピッタリのカフェだと思います。コーヒーもケーキも美味しいですし。

ってなことで。

※訪問時は公式サイトで営業時間等を事前に確認されることをオススメします。

今日のあとがき

じぇにー
じぇにー
結局次の店ですっかり話し込んでしまいました。最初からそっちへ行けよって感じですなw

内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎Practitioner修了、短大非常勤講師。