情報機器

iPhoneにシャッターを追加するSNAP!Caseが便利なのでご紹介。

こんにちは、iPhoneを何に使ってるかと問われたら「ほぼカメラですね」と答える じぇに〜(neobjenny)です。

そもそもPixel4に至ってはカメラとしか使ってませんし。

さて、スマホカメラと普通のカメラとの決定的な違いは「シャッターボタン」。

普通のカメラには「押す」シャッターボタンがありますが、スマホカメラは「タッチする」シャッターボタン。

この違いって結構感覚的に有って、そもそもカメラとの付き合いが長い世代ですから、シャッターを「押す」ことで、時間を切り取る感覚が養われてきました。

なので「タッチする」だけで撮影出来てしまうスマホカメラはどうも今一歩物足りないところがあったりします。

そこでスマホケースにカメラシャッターの機能を追加したモノがいくつか売られてます。思うところは同じなんですな。

最近ではApple本家から、シャッターボタンが組み込まれた外付けバッテリーケースも発売されました。

側面にカメラを起動させてシャッターが切れるボタンが付いてます。そもそも外付けバッテリーとしてiPhone11Proの使用時間が伸びるし、ありがたいケースなんですが、どうもこのズングリムックリ感がイマイチ。重くもなるし。

もう少しお洒落な感じのシャッター付きケースが無いかなぁと探してて見つけました。

bitplay SNAP!Case です。色もカラフル。お値段は税込5,940円。送料は無料でした。

以前からあったんですね、知らなかったわ。新製品として、iPhone11、11Pro、ProMax用が増えたようです。

早速iPhone11Pro用をポチ。AmazonPayで支払って翌日到着、速い。

まずはイエローにしてみました。この部分は交換用プレートとして別売されてますので、飽きたら他の色のプレートを買って交換すればOK。

内包物はケース本体に、ストラップ、貼り付けて使うグリップと取扱説明書。

ケース自身もミリタリーグレードの保護性能を持っているので、万一落としても安心。

取り付けはiPhoneをそのままパチッとはめるだけ。ちょっと堅めでしたが、それぐらいの方が安心。

レンズ部分はこんな感じに。レンズ面よりケース面の方がかなり上になるので、iPhoneを裏向きに置いても、レンズが当たることはありません。(※レンズ部分にはレンズカバーグッズを貼り付けてあるので、ちょっと見た目が違ってます)

シャッターボタンはこんな感じ。

どういう仕組みになっているかというと、完全メカ。樹脂部品で上手にiPhoneの音量ボタンを押すことでシャッターになってます。シンプルなのがいいですな。

こっちがシャッター側

こっちが音量ボタンを押す側

背面のカラープレートを外すと仕組みが判ります。

さらに判りやすいように動画にしてみました。良く考えられてますなぁ。

ケースそのものもガッチリ作られてるし、ストラップホールも付いてて助かります。

ただその分少し肉厚に作られているので、マナーボタンに指が届きにくく、若干切り替えがやりにくいのが唯一の欠点。

スマホを横向きにして写真を撮ることが多い自分には便利なケース。しばらく愛用してみます。

Amazonでも買えますね。

今日のあとがき
じぇにー
じぇにー
縦向きに使うときはスマホ画面のシャッターボタンの方が使いやすいです。
内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナー、短大非常勤講師。