楽器
PR

軽量ギタースタンドなら on stage製 GS6500がオススメ。

Photo by Kenny Luo on Unsplash
じぇに〜(村田たけし)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

こんにちは、じぇに〜です。

色々な場所でライブをする機会があるのですが、初めてのお店でギタースタンドが無かったりして困ることが時々ありました。持って行けば良いのですが、しっかりしたスタンドだと大きくて重いし、かといって軽いのは不安定だったりするし。

ということでInstagramの広告で見つけたギタースタンドを購入しました。(買ったのはギターではありません、念のため)

▲その名も「MIGHTY GUITAR STAND」強そうですな。ON STAGEというメーカー製。ギターだけじゃなく、マイクやキーボードのスタンドなど音響機器関係の会社みたいです。

▲オールプラスチックで軽い。わずか440g!早速開いてみます。

▲両脚を支える梁の部分がガッチリとロックされるのでグラグラしにくい。

▲ギターを載せる部分はスライドできるので、アコギのようなボディの厚いモノから、ソリッドエレキギターのように薄いモノまで対応できます。

▲脚裏には滑り止めゴムが付いてます。

早速エレキを乗せてみる。

▲ボディ裏面をささえる部分にも滑り止めのゴムが付いてますので傷がつくことは無さそうですが、塗装の仕様によっては、長時間触れていると傷める可能性もあるのでご注意。自分の場合はライブに持ち出した時だけしか使わないので、あまり気にしないことにしてます。

▲こんな感じでガッチリとホールドしてくれました。

軽くて持ち運びに楽なギタースタンドを探している方にはオススメです。

Amazonでは結構な値段が付いてますが、soundhouse なら2,000円程で買えます。私もこっちで買いました。(※2018年12月25日現在価格)

ってなことで。

内容が良かったら下のボタンで記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
スポンサーリンク
ABOUT ME
じぇに〜
じぇに〜
Points of You®︎ Practitioner 修了
ギター、ITガジェット、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。まもなく前期高齢者に突入しますが、先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツール Points of You®︎ Practitioner修了。
記事URLをコピーしました