映画

【映画】「函館珈琲」〜 鑑賞後は美味い珈琲が飲みたくなるホッとする映画でした。

こんにちは、じぇに〜(@neobjennyneobjenny)です。

あまりの暑さで外出もままならないお盆休みはTVに限りますな。

ということで、Amazonプライムビデオで「函館珈琲」という映画を観たので感想など。(注:以下の記述には若干のネタバレを含んでいます。)

予告編はこちら。

オール函館ロケで撮影された2016年の映画。

翡翠館というシェアハウスに集う、書けなくなった小説家、装飾ガラス職人、テディベアアーティスト、ピンホールカメラマンといった、居場所を求める若者たちの交流を描いた作品。ただし「ほのぼの」という感じではありませんでした。

映画は函館の街を舞台に、予想通り明確なストーリーも際だったオチもなく淡々と流れていく内容でした。

主人公は珈琲を淹れるのが得意という設定なので「函館珈琲」なんでしょう。主人公が豆を買った焙煎珈琲店のマスターがあがた森魚で、エンドシーンで一曲歌ってました。懐かしいお顔でした。

珈琲をネルで丁寧に淹れるシーンも時々出てきました。確かにネルで淹れると美味しくできるんだけど、メンテナンスが少々面倒なんですよね。なので自分はペーパードリップばかり使ってます。

映画と関係なかったですねw

北海道へは10年ほど前に家族で出かけたきりだったので、当時観光した函館の街なみや、赤レンガ倉庫が画面に映る度に懐かしく思いました。

朝市で食べたトウモロコシは過去に無く美味かったなぁ。ラッキーピエロのハンバーガーも食べたくなったし、また訪れたくなりました。

ボーッと観るのにちょうど良いホッとする映画でした。

今日のあとがき

じぇにー
じぇにー
もちろん見終わってから珈琲淹れました (^^)

内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナー、短大非常勤講師。