雑記・つれづれ

FUJI X100V 公式PVが炎上した件で思ったこと。

こんにちは、FUJIFILMのデジカメが大好きな じぇに〜(neobjenny)です。

FUJIFILMから新しいデジカメ X100Vが発表されました。

X-Pro3を買うときに前機種のX100Fをドナドナしちゃいましたが、X100Fも本当に良いカメラだったので、X100Vがこのタイミングで発表されるのが判ってたらX-Pro3はちょっと待ったかも…と思うぐらいの出来映えのカメラです。

その公式PVがいきなり炎上するという騒ぎに。

動画は公式には削除されてFUJIFILMからも謝罪のコメントが発表されてますが、いくら公式が削除してもそこはネットの恐ろしいところ。ググれば元動画がどういうモノだったかは観ることが出来てしまいます。

僕はX100Vの情報を知りたかったし、削除される前に動画を観てました。その時に思ったのは「これ、公式PVとしてはマズいんじゃないか…」という感想でした。案の定、こんなことになってしまったわけですが。

X100Vというカメラが「ストリートスナップに(も)向いている」ということを言いたかったのだろうと思いましたが、こういう撮影の仕方、昔はいざ知らず今では受け入れられないだろうと。

実際に動画の中で撮られている人の中には、カメラマンを避けたり、撮られた後に嫌そうな顔をして振り返っている人もいます。

このカメラマンのスタイルなんでしょうが、カメラを常時持って撮影するわけではなく、撮りたい人のプライベートゾーンに入り込んで素早くカメラを撮りだして撮る。

盗撮と思われても仕方ない撮影の仕方だと思いました。

僕自身はメンタルが弱いので(苦笑)街中で撮るときも、できるだけ人の顔が入らないような構図でしか撮れませんし、撮りません。

カフェで撮るときも、必ずお店に「撮らせてもらっても良いか」許可を得てからしか撮りませんし。

noteにもちょっとそんなことを書いてました。

ただ、動画後半で紹介されている撮影された画像には惹き付けられるモノがありました。単純に「作品」として観たときには心を動かされた、ということです。

それゆえに、今回の件で

  • FUJIFILMという会社は、こういうことを許している会社であるという評価ができてしまうこと。
  • ストリートスナップ=盗撮である という考えが世の中を席巻してしまうこと。

 

とならなければいいが…と思ってます。

本格的にカメラにのめり込んでまだ3年ほどですが、カメラって、写真を撮るって本当に面白いと思うのです。

街並みって気がついたら本当に変わっていて、昨日あった建物が今日無くなってるなんてことはザラにあるわけで。

そういうのを記録していくストリートスナップってのはとても価値があると思うんです。

何を言いたいんだかまとまらなくなってきたけど、FUJIFILMは公式PVとして出す前に、こういう心配はしなかったんだろうか?という疑問が拭えない。

覚悟の上で出したんだったら、炎上したぐらいで削除するなよとも思うわけで。謝罪のコメントだけ出して削除して、それで後はだんまりってのもちょっと残念。

どういう意図で作ったのか、ぐらいはコメントして欲しいところですけどねぇ。

月末には別の新商品も出るらしいけど、売れ行きに影響しないことを願ってます。FUJIのカメラってホントいいカメラですよ。

今日のあとがき
じぇにー
じぇにー
とは言えX100V欲しい…
内容が良かったら下の”いいねボタン”か”SNSボタン”で記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナー、短大非常勤講師。