情報機器

ApplePayで支払つつPontaカードにポイントを溜める方法

Photo by rawpixel on Unsplash

こんにちは、コンビニの支払はもっぱらApple WatchのモバイルSuicaを使っているじぇに〜です。

財布を出さなくて良い、お釣りを確認しなくても良い、など便利なことずくめのApple Watch モバイルSuicaなんですが、支払は出来ても「ポイントカードはありますか?」と言われてカードを別に出さなきゃいけないってのがネック。結局財布からカードを出さなきゃならないって、なんでやねん!責任者出せや、ヲイ!

と悩んでいたところ、ローソン PontaカードがApplePayとリンクした!というのでこれは朗報。早速試してきました。

AppleWatchにポンタカードをインストールする手順はこちらの記事を見ていただくとして、登録されたのでいざお店へ。

重要なポイントは支払時に「Apple Payで」と言うこと。ここ、大事なトコロなのでもう一度書きます。

「支払はApplePayでお願いします」と言う。

ところが!

ここが問題。ApplePayが出来たときは、実際にはApplePayという名前の支払方法は無く、QUICPayかiDか、どの方法で支払うかを店員に伝える仕組みになってました。これがすっかり浸透しているので、今さら「ApplePayで」と行っても、(ナンですかそれ?)QUICPayですか?iDですか?と尋ねられたり、勝手にQUICPayにされてしまったり、というケースが発生。

都心のローソンなら使われる機会も多いでしょうから、システムの変更も店員に周知徹底されているでしょうが、地元のお店ではバイト末端までまだ伝わってないのか、4回実施して成功したのは2回、成功率50%。失敗した2回はポイントは付与されず、強制的にsuica支払処理にされてしまいました。哀しみ。

正しく「ApplePay」で支払う段になるとレジの画面がこのようになります。

ApplePayレジ画面

レジにこの画面が表示された状態で、AppleWatchのサイドボタンを2回クリックして端末にかざすと、支払処理もされてPontaカードへのポイントも付与されるようになります。この時の支払は、あらかじめiPhoneのWatchアプリで「メインカード」として設定されているカードで処理されます。またはWatch上でその時にタップして選択したカードで支払うこともできます。

レシートにポイント付与について表示があれば成功。

ローソンレシート

自分はクレジットカードをメインカードにしてあったので、何もしなければクレカで支払われていたのでしょうが、2回ともSuicaを表示させてから端末にかざしたので、Suicaで処理されました。もちろんPontaカードへのポイントも正しく付与されていました。

お店によってはまだ周知徹底されていないところもあるようですので、使うときは、店長クラスの店員を選ぶか、執拗に「ApplePayで!」と連呼して(そこまで必要では無い)レジの表示画面を十分確認してから端末にかざしましょう。

ま、確かに混乱するでしょうな、今まで「ApplePayで」ってのは処理方法に無かったですからね。もう少し日にちが経って末端の店員さんまで情報が徹底されるまで待った方が良いかも、です。

Tカードも早くこの仕組みにしてくれないかなと思うんですけどね。

ってなことで。

内容が良かったら下のボタンで記事をシェアして頂けると喜びます。(^^)
ABOUT ME
じぇに〜(村田たけし)
Apple、ギター、カメラ、萬年筆、コーヒーが大好き。無事還暦を迎えました。先のことはあまり考えず「今、ここ」を意識した毎日を送りたいと思っています。お洒落なカフェ巡りとスパイス探訪が最近のトレンド。コーチングツールPoints of You®︎公式トレーナー、短大非常勤講師。